歯科と口腔外科とは

歯科、口腔外科の違いって?

歯科と口腔外科の違いとは

歯医者さんに行く時に考えてしまうのが、「歯科」と「口腔外科」の看板です。特に、親知らずを抜く時など、どちらにしたら良いのだろう、と迷われた方も多いのではないでしょうか。両者の違いについて、考えてみましょう。一般的には「歯科」とは歯と、その組織についての疾患を治療するものです。虫歯に詰め物をしたり、歯並びを治したりといったことがそれにあたります。方や「口腔外科」とは口の中はもちろん、顎や顔も含めた領域を扱います。外科的・内科的要素も強いと言えるのではないでしょうか。顎の骨に親知らずが埋まっている、特に普通に抜歯するだけ、その辺りがターニング・ポイントと言えるでしょう。いずれにしろ、大切な歯と顎、しっかりと守りたいものです。

歯科と口腔外科の違いについて

歯科医院では虫歯や歯周病などの治療を主に行い、医院によってはホワイトニングや矯正等の審美的治療、インプラントの様な外科的治療を専門にしている場合があり、街にあるような個人病院はこちらが多い傾向にあります。口腔外科は上記治療の他にも顎関節症の治療や口腔内におけるがんや腫瘍の治療、口腔内や顔面における傷の治療なども行われ、総合病院の場合はこちらを併設していることが多いです。そのため虫歯や歯周病の治療や予防を目的に通う場合は歯科でも口腔外科でも問題はありませんが、治療したい個所や目的によっては診察する科を変えることでスムーズな治療をすることが出来ます。

歯科と口腔外科の情報

新着情報

↑PAGE TOP